「学んだ事を活かしたい」あなたのお仕事探しを応援する仕事オンライン

「学んだ事を活かしたい」あなたのお仕事探しを応援する

生涯学習のユーキャン

仕事オンライン

掲載求人数
615,011

10/2更新

あん摩マッサージ指圧師の資格保有者で介護の仕事を目指す方
あん摩マッサージ指圧師は、肩こり、腰痛、頭痛などの諸症状に対して、あん摩やマッサージで解消と軽減を図ることが仕事です。あん摩マッサージ指圧師として働くには厚生労働大臣が認可する国家試験をパスしなければいけません。有資格者は独立開業、出張サービス、スポーツ選手のトレーナーといった仕事が可能ですが、未経験者の場合は介護業界もおすすめです。あん摩マッサージ指圧師は、機能訓練指導員として働くことができるため、一定数の求人が常にあります。今後、本格的な高齢化社会の到来とともに、さらに仕事が増えることも確実視されています。未経験者でも老健正社員の求人もあり、キャリアをスタートさせる好環境が整っているとも言えます。
機能訓練指導員ですでに介護の仕事をしてる方
あん摩マッサージ師としてすでに活躍している人の中には病院でリハビリテーションの機能訓練の一役を担っている人や、物理療法を実施するなどの仕事をしている人もいるでしょう。最近では介護業界におけるあん摩マッサージ師の経験者募集も増えていますが、高齢化社会の本格化とともに今後ますますの需要が見込まれています。あん摩マッサージ師は介護関連施設では基本的に機能訓練指導員として働くことになります。柔道整復師などと比較するとマッサージ要員というような位置づけで採用されることも少なくありませんが長時間ベッドや車椅子で過ごす高齢者の体の凝り・歪みは深刻です。介護マッサージの需要はこれからさらに必要となることが見込まれているため、あん摩マッサージ師の求人も増加が期待できます。

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容をチェック

介護におけるあん摩マッサージ指圧師とは?

あん摩マッサージ指圧師の求人は多岐に渡ります。治療院、病院、美容院、企業内の他、一握りではありますが有名選手のスポーツトレーナーとして活躍する人もいます。そのような中で、高齢化社会の本格化とともに介護施設での仕事(求人)が増えています。医師の同意があれば保険請求をすることもでき、身体の不調に悩む介護者がリーズナブルな値段であん摩マッサージ指圧師の介護マッサージを受けることが可能です。そのため利用したいと希望する高齢者も少なくありません。また、病院診療報酬改定により、あん摩マッサージ指圧師も一定の講習を受ければ「みなし理学療法士」として保険内でのリハビリも行うことができるようになったため、介護施設での活躍がますます期待されています。

機能訓練指導員とは?
機能訓練指導員とは高齢者の身体機能や体調を維持することを目的とした役職です。この役職に就くにはある一定の条件が必要で、看護師、理学療法士、作業療法士の他に、実はあん摩マッサージ指圧師でも就任することが可能なのです。あん摩マッサージ指圧師の求人といえば、これまでは治療院やマッサージ店がほとんどでしたが、最近、介護施設での仕事(求人)が増えているのはこのような理由のためなのです。高齢者は治療方法のない心身の不調に悩む人も多く、介護マッサージの需要も高まっています。本格的な高齢化社会の到来とともに、今後ますます活躍が期待されています。
 
機能回復訓練
加齢や病気によって身体の一部の機能が麻痺している高齢者にとって、機能回復訓練は欠かせないものです。たとえ寝たきりの状態でも、少しでも身体の可動域を広げておくことは、心身の健康を保つためにも極めて重要です。とくに、介護施設では現在残っている残存機能を維持することが課題となりますが、このような維持期にこそあん摩マッサージ指圧師の活躍が期待できます。医師の同意があれば、リハビリとマッサージを保険内で受けることができ、利用者にとってもメリットがあります。デイサービスを利用しながら自宅介護をしている方の中で、あん摩マッサージ指圧師によるサービスを希望する声も多く、高齢化社会の本格化とともにますます需要が高くなることは間違いありません。
 
歩行訓練
介護施設では、あん摩マッサージ指圧師も歩行訓練に携わります。高齢者が歩行できるか否かは、自立した生活に大きくかかわる問題です。歩行機能に問題がある人の機能回復訓練はもちろんのこと、今のところは歩くことができている人の機能をいかに維持するかも重要課題です。これまで介護業界以外であん摩マッサージ指圧師として働いていた人にとって、高齢者の歩行訓練というのは、最初はとまどうかもしれません。しかし、施設にはだいたい歩行訓練用のマニュアルが完備されていますし、研修体制も整っていることがほとんどです。マッサージなどの施術によって関節可動域を増やしながらの歩行訓練を行うなど、あん摩マッサージ指圧師ならではの活躍が期待されています。
 
介護の現場での手技療法・運動療法
あん摩マッサージ指圧師の介護の現場での主な仕事の一つは、高齢者が抱えるさまざまな不快症状を手技療法で緩和することです。肩こり、頭痛、腰痛はもちろんのこと、寝たきりや片麻痺の方のなかには自覚症状もないまま身体の一部が硬直してしまっている人もいます。そういった身体のトラブルを解消、軽減するためにあん摩、マッサージ、指圧など多角的な手技療法でアプローチします。また運動療法を併用して、関節の動きを滑らかにし、血行を促進することで効果が期待できます。あん摩マッサージ指圧師の運動療法は、直接手を用いるもので専用器具を使用する必要もありません。そのため、専用器具を設置したリハビリテーションルームがない介護施設でも、あん摩マッサージ指圧師は活躍することができます。地域での介護を推進したい国の方針もあり、今後、訪問リハビリなどであん摩マッサージ指圧師のニーズは増えることが予想されます。
 

施設ごとのあん摩マッサージ指圧師の活躍

施設ごとの特徴

通所型介護施設

介護の現場ではさまざまな身体の痛みを訴える高齢者の方も多く、マッサージを希望する人も少なくありません。しかし、マッサージを業務として提供できるのは、あん摩マッサージ指圧師の有資格者に限られています。理学療法士や作業療法士がマッサージを行っているようにみえることもありますが、それらはあくまで理学療法、作業療法であり、マッサージとは別のものです。通所介護施設でもマッサージを希望する利用者は多く、外部のあん摩マッサージ指圧師と契約しているところも少なくありません。しかし、限られた曜日のみの提供になってしまうこともあり、ニーズに十分応えることが難しくなってしまいます。そのため、最近では専属スタッフとしてあん摩マッサージ指圧師を募集している通所介護施設も多く、高齢化社会の本格化とともに今後も需要が見込まれています。

総合病院(整形外科)

あん摩マッサージ指圧師は、整形外科やリハビリテーション科など病院でも求人があります。病院でのあん摩マッサージ指圧師の仕事は、理学療法士などと協力しながら怪我や病気の患者のリハビリテーションをサポートすることになります。脳神経外科でも頭痛や肩こりを緩和するために、あん摩マッサージ指圧師をスタッフの一員として迎え入れているところもあります。あん摩、マッサージ、指圧などの手技は患者への負担が少ないため、赤ちゃんでも利用することができます。母子のコミュニケーションと健康を促進する「赤ちゃんマッサージ」を導入している産科、小児科などで募集がみられることもあります。身体への負担が少ない施術のため、今後は老人医療の現場でも活躍が期待されています。

整骨院、整体院など治療院

あん摩マッサージ指圧師の主な就職先は整骨院、整体院などの治療院やマッサージ店です。温泉施設併設のリラクゼーションショップ、美容サロンなどでも求人があります。これらの場所では、怪我や病気による不調だけではなく、美容や癒しを目的とした施術を行うことも多くなります。あん摩マッサージ指圧師との会話に安らぎを求める利用者も多く、コミュニケーション能力も問われます。ある程度経験を積んだ後には、独立開業する人も珍しくありません。あん摩マッサージ指圧師は、医師などと同様に開業権がある資格なのです。成功すれば雇われていた時とは比較できないような収入を得ることもできますが、必ずそうなる保証はないことも忘れてはいけません。

スポーツ現場(トレーナー)

あん摩マッサージ指圧師のなかには、スポーツ関連の仕事をしている人もいます。スポーツ選手が最高のパフォーマンスを維持することができるように、怪我の予防や試合後のマッサージなどを行うことが主な業務です。有名スポーツ選手のトレーナーや、チームの一員として華々しく活躍している人もいますが、それはほんの一部の人に限られます。スポーツ関連の主な就職先としてはスポーツクラブ、フィットネスセンターなどになり、利用者一人一人の状況に合わせたトレーニングメニューを考案したり、筋肉の緊張を緩和するマッサージなどの施術を行ったりすることが主な業務になります。健康ブームの頃には大変な需要がありましたが、景気も停滞気味の昨今では閉鎖してしまうスポーツクラブもあり、活躍の機会は少なくなっているともいえそうです。

介護職の資格について

介護の仕事でスキルアップ

あん摩マッサージ指圧師の資格について

世のなかには「マッサージ」を看板に掲げている店は少なくありませんが、マッサージを業務として提供できるのはあん摩マッサージ指圧師の資格を持っている人に限られています。あん摩マッサージ指圧師資格とは、厚生労働大臣が認可する国家免許です。昭和22年に制定された「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」に基づく、歴史のある資格です。厚生労働省には「あん摩マッサージ指圧師名簿」があり、登録事務は財団法人登用医療法研修試験財団に一任されています。無資格でマッサージを業務として提供することは法律違反であり、名簿を参照すればすぐに判明することでもあるのです。一方で、あん摩、マッサージ、指圧などのサービスを求める人は多く、今後ともきちんと資格を持っているあん摩マッサージ指圧師の活躍が期待されるところです。

あん摩マッサージ指圧師の資格取得

あん摩マッサージ指圧師の国家試験の受験資格を得るためには、あん摩マッサージ指圧師養成課程がある大学や専門学校などで学ぶ必要があり、3年または4年の勉強期間が必要です。もしくは、3年制から6年制まである盲学校で学ぶこともできますが、その数は少なく国内に20校程度しかないのが現状です。国家試験は年に1回2月上旬に行われ、3月卒業見込みの学生も受験することができます。試験は解剖学、生理学などの12科目150満点で、90点以上で合格になります。平成26年度には1,792名が受験し、合格率は86.4%でした。合格発表は3月下旬になるため、ほとんどの人が合格見込みで就職活動を進めなければいけません。就職サポートをしている学校も多く、就職率は比較的良い資格です。

スキルアップ・給与アップを目指すには

近年では介護関連施設での需要が急速に高まっています。あん摩マッサージ指圧師が機能訓練指導員を兼任することによって、高齢者に筋肉補強訓練や機能訓練を施しながら、疲れを癒すためのマッサージなどを施術することができるため、利用者にとってもメリットが多くあるのです。あん摩マッサージ指圧師自身も介護の専門知識や技術を身につけるチャンスでもあり、キャリアアップやスキルアップ目的としてもおすすめです。

管理職(センター長、施設長、事業所長など)を目指すには
介護施設に機能訓練指導員として就職しさらなるキャリアアップを考えるならば、センター長、施設長、事務局長などの管理職を目指すこともおすすめです。あん摩マッサージ指圧師として病院に勤務していても、管理職にまで出世できるチャンスはなかなかありません。しかし、介護施設ならば、あん摩マッサージ指圧師が管理職として働いているケースも少なくありません。管理職ともなれば待遇面でも給与面でもレベルアップが期待できるので、挑戦してみるだけの価値はあります。しかし、介護施設での管理職は、現場の業務に管理業務がプラスされるということがほとんどです。慢性的な人手不足が叫ばれる業界というだけあり、管理職になれば現場から離れることができるというわけではない点に注意してください。
あん摩マッッサージ指圧師として、専門性を高めるには
あん摩マッサージ指圧師は一定の条件を満たすことによって、ケアマネジャーの受験資格を得ることができます。ケアマネジャーは、要介護認定の高齢者に対して、介護保険制度に基づいた適切な介護サービスを提案しサポートすることが仕事です。高齢化社会の本格化に伴い、今後ますます需要が見込まれている職種でもあるので、あん摩マッサージ指圧師の資格にプラスして取得しておくことはキャリア形成の面でもおすすめします。さらに、理学療法の知識と技術を併せ持ち、医師や理学療法士の指導のもとで在宅マッサージを行うスキルを持っているあん摩マッサージ指圧師であることを証明するリハビリ機能回復士の認定を受ければ、デイケアサービスなどでの活躍も大いに期待できるでしょう。

あん摩マッサージ指圧師の仕事探しのコツ

あん摩マッサージ指圧師の仕事探しのコツ

介護系で仕事探す

あん摩マッサージ指圧師が介護系で仕事を探すには、一つには新卒で未経験者歓迎のところを探すという方法があります。学生時代にはスポーツ関連などで働きたいと夢を持つ人も多いかもしれませんが、実際に就職活動を始めてみると治療院などがほとんどということに気がつくはずです。そのような現状のなかでも最近、特に求人が増えているのが介護業界です。高齢者にあん摩、マッサージ、指圧などを施術するには、注意しなければいけない点もいくつかあるので、若いうちからシニアの方に施術をして経験を多く積むことは大事です。今後も需要が増えることが見込まれている介護業界のなかでエキスパートとしての活躍も期待できるでしょう。もちろん、経験者にも介護業界の門戸は開かれています。その際、介護施設で働いたことがある経験は特に問われないことがほとんどです。他業界でのキャリアを活かしたい転職希望者にも介護業界はおすすめなのです。

整体院、整骨院などで介護以外で仕事を探す

あん摩マッサージ指圧師は介護業界以外に、整体院・整骨院などの治療院での求人も数多くあります。何年か治療院で経験を積んだ後に、独立開業したいと考えている人も少なくありません。しかし、実際のところ治療院の数は飽和状態にあるともいえるのが現状です。そこに新規参入しても、成功を収めることができるのは限られた一部であるということを忘れてはいけません。美容に特化したサービスを提供するなど差別化を図るなどしなければ生き残っていくことさえ難しいでしょう。あるいは、今後ますます増えることが予想されている介護業界でのニーズを見越して、シニア専門のサービスを提供するというのも一つの方法でしょう。そのためにも、介護関連の知識を持つことは重要であり、いずれにせよ一度は介護関連施設で働いておくことをおすすめします。

経験者の体験談

あん摩マッサージ指圧師のやりがいと苦労、たいへんなこと
あん摩マッサージ指圧師のやりがいと苦労、たいへんなことはなんですか
あん摩マッサージ指圧師の仕事をしていて、一番やりがいを感じるのはお客様の気持ち良さそうなお顔を拝見させていただく時です。肩こり一つとっても一人一人の状態は異なり、どんなアプローチを用いるかは腕の見せどころです。これが効きそうだと思った方法がズバリ的中した時も快感ですね。現在は介護関連施設で働いているのですが、脳疾患による片麻痺の方など、動かない体の半分がカチカチになっている方もいらっしゃいます。あん摩マッサージ指圧師の手技というのは、そういった方にもとても役立ちます。リハビリというと、よく動かない手足をスムーズに動かせるようになることと思っている人も多いようですが、じつはあまり動けない人の体を少しでも楽にしてさしあげることも大事なことなのです。これからもお役に立てればと思っています。
あん摩マッサージ指圧師で印象に残るエピソード
あん摩マッサージ指圧師(訪問リハビリ)で印象に残るエピソードをおしえてください
初めてお宅に伺わせていただいた時には、ちょっと気難しいおじいちゃんだなって思ったのですが、本当にその通りの人で慣れるまでは時間がかかりました。最初はかなり手を焼いていて、マッサージされるとかえって痛くなるとか言われることもありました。マッサージをとても楽しみにしているとケアマネジャーさんはずっと言っていましたが、どうしても信じられませんでしたね。それでも、2回、3回と訪問を続けているうちに、だんだん打ち解けてくれて、会話も弾むようになりました。コミュニケーションのコツのようなものをつかんでからは、すっかり仲良しです。人当たりはいいものの、実は曲者など人生経験を重ねてきたお年寄りにはさまざまな人がいます。人間っていろいろなのだなと知ることができただけでも勉強になりました。
TOPへ